So-net無料ブログ作成

アクセス小僧:レコード番号とレコード数 [コンピューター]

アクセスのフォームで、

・現在開いているテーブルのレコード数
・開いているレコードの番号

を表示させるマクロを作りました。

【参考】
http://www.office-kitami.com/lesson/afunction/dcount.html

【マクロ】

Private Sub Record_No_Click()
  '【変数】
  Dim myCurRcd1 As Long ' CurrentRecord
  Dim CntRcd1 As Long ' レコード総数
  '【コード】
  CntRcd1 = DCount("*", "T_テーブル名") ' レコード総数
  myCurRcd1 = CurrentRecord ' 現在のCurrentRecord
  MsgBox("CurrentRecord=" & myCurRcd1 & "/" & CntRcd1)
End Sub

【実行結果】
10個のレコードがあるテーブルで、8番目のレコードを表示しているとき、上記の
マクロを動作させると、

「CurrentRecord=8/10」

と表示されます。

(PS 2017/7/30)
上記の例では、MsgBoxに表示させていますが、フォームにテキストボックスを設置して、フォームのイベント「レコード移動時」(Form_Current)が発生したときにレコード番号とレコード数を表示させることもできます。

Private Sub Form_Current()
  ' レコード移動時
  [Record_No1] = CurrentRecord & "/" & DCount("*", "T_パスワード管理")
End Sub
ヤバイぜ!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤバイぜ! 8

コメント 2

cheese999

ヤバイぜ! ありがとうございます[__猫]
by cheese999 (2017-07-29 05:59) 

cheese999

Form_Currentイベントでレコード番号とレコード数を表示するマクロを追記しました。
by cheese999 (2017-07-30 07:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字(英大文字の「オー」、英小文字の「ユー」、アラビア数字の「ハチ」、アラビア数字の「イチ」、アラビア数字の「ニ」)を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました